読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Overwrite Save

人生を少しだけ豊かにするアイデアを紹介

【エクセル】たった10個知っておくだけで生産性が劇的に向上するExcelのショートカット

ラップトップ

エクセルのショートカットだけで書籍が販売されている。
確かに、膨大なショートカットが紹介され、一見するととても便利に見えるが、到底覚えられる量ではない。しかし、隣のデスクを見ると、ショートカットを使いこなしほとんどマウスを触らずに仕事をバリバリこなしている同僚が気になる。
このように、ショートカットを使いたいけど、なかなか覚えられずに結局マウスを駆使して作業している人をよく見かける。

多くを覚えようとする前に、とりあえず10個、難しそうなら5個でも3個でも良いから、使い続けていくと良いだろう。その後、自然と使っているショートカットが増えていくはずだ。
結局のところ、作業効率に大きく貢献するショートカットは10個程度であり、それ以上は「知っていると便利」レベルだ。今日は生産性の向上に大きく貢献するショートカットを厳選して10個紹介したい。

1. コピー&ペースト(カット&ペースト)

ctrl+C

ctrl+V

Ctrl + C でコピー、Ctrl + V で貼り付け。いわゆる「コピペ」とは、この動作のことを差し、下で紹介している「Ctrl + X(カット)」と合わせて、文句のつけようがなく一番使用されているショートカットだと思う。


ctrl+X

ctrl+V

Ctrl + X でカット(切り取り)、Ctrl + V で貼り付け。

2. 上書き保存

ctrl+S

多用する割に意外としられていないのが、「Ctrl + S」で上書き保存ができることだ。マウスだといちいちメニューバーを開いて「保存」を選択する必要があるので面倒なのだが、このショートカットを覚えていれば、こまめに上書きをするクセがつく。
僕も作業中は、こまめに「Ctrl + S」を押しているし、離席する時も「Ctrl + S」を押すクセがついた。

3. 前に戻る

ctrl+Z

誤って入力した時に、一つ前の作業に戻るためのショートカット。

4. 検索

ctrl+F

エクセルの入力値が多くなってきたり、過去のファイルから情報を探そうとすると、検索をしてセルを探し出すことも増えてくる。「Find(見つける)」の「F」だと覚えよう。(ショートカットは、英単語の頭文字を使っているものが多いので、そういう覚え方をすると忘れない)

5. 全てを選択

ctrl+A

シート全てを一気に選択したい時に便利。シートごと全部コピーしたい場合は、意外とよくある。

6. 既に入力済のセルを編集する

F2

入力済のセルを編集したい場合、マウスでダブルクリックをして編集していないだろうか。
入力済セルを編集する場面はかなり多いはずだが、その都度ダブルクリックする必要がなくなる。

7. 端までカーソルを移動

ctrl+矢印

入力されたセルが大量になってくるほど、重要になってくる。これ一つ憶えておけば、一気にセルの端から端へ移動することができる。


20170426102226

「端まで移動」を応用したショートカットがこれ。「Shift」を追加することで「端まで一気に選択」することができる。



今回紹介したショートカットは、7個の作業カテゴリでまとめているが全部で10個になっている。これらのショートカットを使う作業は、1日エクセルで作業していれば複数回使用する機会があるはずだ。(逆に言うと、これ意外のショートカットは、使用頻度が少ないのでなかなか覚えられない)
まずは、今回紹介したショートカットを意識的に使ってみよう。この10個を覚えるだけで作業効率が劇的に改善するはずだ。このショートカットを無意識に操ることができるようになるころには、恐らく他のショートカットも自分なりに探して身についていることだろう。
そして、キーボードの上にある自分の手を、マウスまで伸ばすことがとても面倒に思えているはずだ。

また、ほとんどのショートカットはワードやパワーポイントでも同じように使えるので、機会があれば試してみることをお勧めする。

気付くと一日過ぎてしまう、超ハイセンスなフォトグラファーのポートフォリオサイトおすすめ10選

一眼レフを手に入れてから、多くのフォトグラファーの写真を注意深く見るようになった。
フォトグラファーの写真は構図やアイデアの参考になるのはもちろんだが、単に写真を見るだけで感動する。

僕は、旅の写真や、街角スナップのような写真を好む傾向になるようで、人々の自然な動き、感情、生活を感じ取ることができる写真がとても好きだ。僕も出かける度にカメラを持っていくが、今回紹介するフォトグラファーのような動きのある写真を撮って、いつの日か自分のポートフォリオサイトを公開してみたいと思う。

多くのフォトグラファーは、自分の写真をポートフォリオWEBサイトで公開しているのだが、このWEBサイトのデザインもまた秀逸で、見ていてデザインの勉強になる。
フォトグラファーのポートフォリオサイトで使われることの多い「フルスクリーンの背景写真 」タイプのWebデザインは、まるで動画を見ているかのような錯覚に陥るほど、写真の迫力が十二分に伝わってくる。
記事の写真は、それぞれのポートフォリオサイトのトップページのスクリーンショットだ。

スマホ対応(レスポンシブデザイン)になっているサイトが少ないのは意外だが、今後は増えていくだろう。

さて、今回は最近僕がよくみるフォトグラファーのポートフォリオサイトから、お気に入りの10サイトを紹介したい。

続きを読む

MBAの題材にもなっている良書。ITマネジメントに携わるリーダー必読の小説【ビジネスリーダーにITがマネジメントできるか(著:Robert D. Austin)】

ビジネスリーダーにITがマネジメントできるか -あるITリーダーの冒険

僕はずっとビジネス側のマネジメントに携わってきたのだが、ひょんなことからIT組織のマネジメントをしなければならなくなった。

僕は、ITに関するテクニカルな知識はほとんど持ち合わせていない。コードも書けないし、ネットワークを構築することもできない。
しかし、こういったテクニカルな仕事をしている人や組織をマネジメントしなければならなくなったのだ。

特に会社に所属している人で一定以上の上級マネジメント層であれば、こういった経験をする人は少なくないのではないだろうか。
組織に改革を求める会社である程、ビジネスリーダーをITマネージャーに据えて、風穴を空けようとする。

困るのは、ITマネージャーとして改革を任される方だ。
ITのことなど何も知らない。部下はテクニカルな知識を持つプロフェッショナル達。知識や言葉の壁だけでなく、部下が自分を認めてくれるまでに相当のハードルがある。
さて、どうやってIT組織をマネジメントしていこうか。

続きを読む

ザッカーバーグ、オバマ前大統領・・・ビジネスリーダーもこぞって読んだ必読の歴史書【サピエンス全史(著:ユヴァル・ノア・ハラリ)】

良書と巡り合うのは、とても難しい。

毎日、多くの書籍が発刊され、全てに目を通すことは到底できない。その中で、いかに良書に出会うかというと、出来るだけ信頼できる人からお勧めされた書籍を読むことだ。インターネット上にも書評やレビューが溢れているが、インターネットやリアルに関わらず「この人の書評は信頼できる」という特定の人を数人見つけておくと良いだろう。
僕自身、そういったお勧め書籍の中から本を選び、月に3~4冊程度本を読んでいる。本のジャンルも小説からアカデミックなものまで様々だ。

このブログでも、本を読む機会があまり無い方や、なかなか良書に出会えていない方に向けて、僕が実際に読んだ本の中から「良書」だと感じた本について、定期的に紹介していきたい。
今日は、ここ数ヶ月で読んだ本の中から、僕自身のとても大きな学びとなった1冊の良書「サピエンス全史」について紹介したい。

サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福
サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福

続きを読む

【一眼レフ】写真がグッと上達する第一歩、まずは「F値」をきちんと理解しよう。

Nikon D750

一眼レフを使い始めると、「F値」という言葉に出会う。

この「F値」は、コンパクトデジタルカメラやスマホのカメラと一眼レフの違いであると言えるほど、写真の表現に影響を及ぼす。
具体的にはっきりと分かる違いを言えば、F値が低いほどボケの利いた写真となり、F値が高いほど遠くまでピントの合った写真となる。

F値は、一眼レフの色々な設定の中でも一番違いが大きく出る設定でもあるので、F値の基本を理解することで写真が一気に上手に撮れるようになる。
また、写真雑誌を見ていても必ずと言っていいほど、掲載写真はどの「F値」で撮られたのか記載されている。F値を理解すると、写真雑誌の見方もガラッと変わり、今まで以上に参考になるはずだ。

今日は一眼レフで写真を撮るための大前提となる「F値」について、基本事項をしっかりと紹介していきたい。

続きを読む