読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Overwrite Save

人生を少しだけ豊かにするアイデアを紹介

自宅で本格的な「美味しい水出しアイスコーヒー」を作る方法

僕は、とてもコーヒーが好きだ。1日に何杯もコーヒーを飲んでおり、中でも濃いアイスコーヒーを好んで飲んでいる。 自宅でアイスコーヒーを飲もうとすると、どうしても既製品になってしまうが、先日水出しコーヒーを淹れる「コールドブリュワー」を入手した…

スタートアップやベンチャー必読の一冊【ZERO to ONE(著:ピーター・ティール)】

総評 この本は、とても勉強になった。僕は本を読むとき、大抵の場合「重要だと思われる箇所」を探って読む。本には著者の主張とはあまり関係のない文章が含まれることが多いため、本のエッセンスだけを効率的に吸収したいからだ。しかし、この本は全ての文章…

フィンテックや最新テクノロジーを学ぶための良書8冊【2017年3月時点】

テクノロジーによって金融の在り方を変えるフィンテックは、まだまだ進化の途上だ。新聞やニュースで「フィンテック」という単語をよく見かけると思うが、実際にその定義は曖昧だ。 しかし足元では「金融」と「テクノロジー」の融合によって、実際にサービス…

まもなく中古スマートフォン市場の本格時代がやってくる

今、スマートフォン市場が揺れている。 MVNOやSNSの普及によって、3大キャリアのほぼ寡占販売状態に風穴が開いたからだ。実はかなりの高額プロダクトであるスマートフォンだが、寡占販売状態であるために購入する選択の余地がないのは、消費者にとって非常に…

家計にも優しい、自宅で美味しいヨーグルトを作る簡単な方法【R-1ヨーグルトも可】

先日、僕の結婚祝いとして、とても面白い家電を頂いた。「ヨーグルトファクトリー」という家電をご存知だろうか。 その名の通りなのだが、自宅でとても簡単にヨーグルトを作ることができる電化製品だ。あまりに簡単に、しかも売られている製品と全く同じクオ…

一度発症すると完治しない「大企業病」の原因と、その症状や対処方法等について

大企業病とは 大企業病は、会社だけでなく日本経済を失速させる社会全体の大問題だ。 大企業病とは、①自分の頭で考えずルールに固執する手続き主義、②リスクをとる判断から逃げてしまう事なかれ主義(自分で決裁できるにも関わらず上司にお伺い)、③縦割り意…

世界を一変させるブロックチェーンの基本的な仕組みと可能性

ブロックチェーンは、人工知能と並んで僕の最大の関心事だ。活用事例として有名なのはビットコインであるが、その応用の可能性はかなり広範に及ぶ。 今日は、ブロックチェーンの基本的な仕組みやブロックチェーンの可能性について、簡単にまとめてみた。

AI(人工知能)をどのように考え、どう付き合っていくべきか【AIと仕事と社会】

人工知能(AI)は、僕の最大の関心事の一つだ。本や雑誌、WEBの記事に対して高いアンテナを張り、常に最新の情報を仕入れるように心掛けている。 AIは、近い将来間違いなく僕たちの生活や社会を変える。一体、どのように変わるのだろうか。人間にとって脅威…

Google創業者の論文から考える、本当に効果のあるSEOとコンテンツの作り方

ユーザ視点の重要性は、このブログで何度も取り上げているが、それはSEOも例外ではない。しかし、実際のSEO対策を見てみると、ユーザのことを考えずコンテンツを置き去りにした小手先だけのSEOに注力している例も少なくない。こうした技術論に頼ったばかりに…

ずば抜けたエリートビジネスマンが実践している仕事の9原則

1.「なぜ?」を繰り返す 指示の通りに手を動かすというのは、アルバイトや派遣の仕事だ。 仕事には、必ず理由が存在する。「なぜ」それをする必要があるのか考え、その理由に対しても「なぜ」を突きつける。 いつもこれを繰り返していると、常に物事の本質を…

スマッシュヒットを連発するプロダクトマネージャーに共通する7つの思考法

世の中には、売れるアイデアを次から次へと発想できる人がいる。 そういった人たちは、単に勘所が良いだけでなく、共通した考え方を持っている。(意識、無意識問わず) そして、徹底的に考え抜いている。今回は、僕が今まで見てきた売れるアイデアを発想で…

Uberを本格的に展開できない既存タクシー業界の抵抗【B2CからC2Cへ】

Uberとは Uberは単なるタクシーの配車サービスと紹介されることが多いが、そうではない。まだ日本には上陸していないが、「UberX」と呼ばれるサービスが大きなポイントだ。これは、一般人が運転手として登録することで空いた時間を有効活用して小遣い稼ぎが…

仕事の取り組み方を見失っている人におすすめする1冊【「0から1」の発想術(著:大前研一)】

総評 大前研一さんの著書。僕自身、大前研一さんが好きで、何冊か本を読んでいる。 この本は、「何かを生み出す」ための思考方法をまとめた本で、企画に仕事やイノベーティブな仕事に携わっている人に向いている。数ある大前研一さんの本の中でも、実践で使…

聴衆を魅了するプレゼン資料の作り方(ストーリー編)

今回は、スライドを作成する際のアドバイスの中でも、ストーリーの組み立て方にフォーカスして紹介していく。 全体的な構成を考える いきなり細かくスライドを作り出す人を見る。このようなスライドの作り方をした場合、結論までのストーリーが定まらず論理…

今さら聞けない、日本酒の「純米」「大吟醸」「辛口」「甘口」等の違い

年齢を重ねるにつれて、日本酒が好きになってきた。 美味しい日本酒を飲めるお店を好んで選ぶようになり、気になった日本酒を買っては自宅で晩酌をしている。日本酒には様々な種類があり、あまり日本酒に馴染みのないビギナーにとっては、一体何を飲めば良い…

たった一言で心をつかむハイセンスな「キャッチコピー」10選

僕は一時期、コピーライターを職業にできないか考えてみたことがある。 短い言葉で、多くの人の心を揺さぶる職人が、とてもかっこよく思えたからだ。今となっては、コピーライターを職業にすることは一時の妄想で終わってしまったが、今でもコピーを読むこと…

フィンテックによって生活から現金が消える日

近い将来、現金は消える。僕たちが生活する上で、「現金」を使う局面は間違いなく完全に無くなる。僕自身、この1年(たった1年だ)で現金を使う機会が驚くほど激減した。最近では食事会のワリカンでさえスマホで完結できており、普段の生活において現金のや…

【初めての一眼レフ】ボディとレンズの選び方のヒント

今年になって一眼レフカメラを手に入れた。妻と旅行や散歩に出かけた時に、もっときれいに写真を撮りたいと思ったのがきっかけだ。 実は、一眼レフカメラを購入しようと思ったのは購入日より何ヶ月も前なのだが、その数ヶ月間インターネットや雑誌等ありとあ…

ジャズ歴15年の僕がおすすめする、これだけは聞いておきたいジャズの名盤10選

僕は音楽が好きだ。 ロックからダンス・ミュージック、クラシックまでジャンルを問わず色々と聴いている。 一番好きなのは、声の入っていないインストゥルメンタル音楽だが、中でもジャズをよく聴く。ジャズというと何だか敷居が高い音楽だと思われることが…

きちんと読み手に伝わる「文章の書き方」8つのテクニック【ライティングの基本】

伝わる文章とは、読みやすい文章だ。 読みやすい文章とは、最後まで引っかからずに読める文章だ。文章が上手だと自負する人の中には、小難しい文章構造を構築したりアナロジーを多用したりする等、読み手の事を考えずに「書くこと」に満足している人をよく見…

優れたリーダーになるために実践するべき8つのルール

1.「聴くこと」を中心としたコミュニケーション 優秀なリーダーは、自分1人の無力さを理解し、チームで仕事をすることの重要性を理解している。そして、そのために一番重要なことは「聴くこと」であることを知っている。 周囲から認められているリーダー程…

2016年で最も使用したiPhone アプリ10選

僕がiPhoneを使い始めてから、今までいくつものアプリを使ってきた。 良さそうなアプリがあれば積極的にその使い勝手を試してきた。UXがとても優れていて長く使えるものもあれば、全く使えないものもあった。 今日は2016年の1年間で最も使用したiPhoneアプリ…

読書の効果を最大化する方法

本を読むことで得られる事は、とても大きい。 著者が何ヶ月、何年、場合によっては何十年もかけて調べたり、まとめたことを、ほんの数時間で吸収することができる。 自分自身が読書に割くことのできる時間は有限だ。その限りある時間の中で、読書の効果を最…

今後、生き残る個人ブログとは【個人ブログと検索エンジンの未来予想】

個人ブログを構成するレイヤー 個人ブログコンテンツは、およそ3つのレイヤーで構成されている。一つ目(第一レイヤー)は、極めて個人的でプライベートなブログ、いわゆる日記のようなブログだ。有名人でもなければ、その日記はインターネット上において存…

会社に行くのが辛い人に向けた、仕事に対する考え方のアドバイス

会社という組織に所属すること 会社は、理不尽の塊だ。 組織は理屈ではなく感情で動く。優秀で人望のある人が上司となり、正論がまかり通り、自分の成果はきちんと評価され、喜びをチームとして共有する。 そんなドラマのような理想はすぐに打ち消される。

世界中のエリートも実践している「瞑想」のすすめ

脳は、休むことなく働き続けている。 「旅行に行きたい」「今日は暑い、寒い」「車のクラクションの音」等、深い思考をしていなくとも、脳は常に何かを感じ、何かを考えている。 眠っている時でさえ、夢を見ている。 意識してあげなければ、脳を休めることは…

人の心をグッと鷲掴みにしてしまう、驚異のプレゼン7つの原則

プレゼンの仕方一つで、聞き手の関心や興味は一気に変わる。 まずは、この動画を見て欲しい。ウィル・スティーヴン 「頭良さそうにTED風プレゼンをする方法」 これは、全く意味のないスライドを映しながら、いかにも意味ありそうにプレゼンをしている映像だ。…

【初心者向け】一眼レフのテクニックを向上させるための3ステップ練習法

1.お手本となる写真を選ぶ 「明日から簡単に使えるプロの技術」等、テクニックや構図に関する雑誌やWEBの記事を見かける。 これらの記事で紹介されているテクニックは万人に向けて書かれているので、「自分の撮りたい」写真には役に立たない内容も多い。 そ…

ムダな会議をしないための7つのポイント

1.不要な会議をしない 禅問答のようだが、そもそも必要のない会議を開催していないだろうか。 電話やメールで簡単に済ます事の出来る案件であっても、多くの人を呼んで会議を開催することで多くの非効率な時間が生まれる。 みんなで顔を合わせて議論するだけ…

仕事ができる人と仕事ができない人の14の決定的な違い

1.目的思考 仕事ができる人は、必ず仕事の目的を理解することから始める。「その仕事は何のためにするのか」 「そもそも、その目的にどんな意味があるのか」 「目的自体は妥当なものか」 「目的を達成するために他にもっと有効な手段はないのか」目的を本質…