Overwrite Save

趣味も仕事も、本気で楽しむオトコのブログ

ゴルフクラブを握ったこともないド素人の僕が、ジェクサー・ゴルフカレッジを体験してきた

ゴルフ

今までに一度もゴルフクラブを握ったことのないド素人の僕が、ひょんなことからゴルフを始めることになった。
それを聞いた友人からゴルフクラブ一式(素人には勿体ない高級ゴルフクラブだ)を譲り受けることになり、いよいよ形も整ってきた。

聞くところによると、ゴルフを経験したことがない人が適当にクラブを振っても、ボールに当たりもしないという話を聞く。
それに加えて、下手なところを誰かに見られたくないという性格だし、さらに負けず嫌いの僕にとって「とりあえず打ちっぱなしに数回行って、まずはホールデビュー」ということはしたくない。

まずは、きっちりとゴルフの基礎を教えてもらおう!ということで、普段から通いやすいゴルフスクールを探したところ、「ジェクサー・ゴルフカレッジ アトレ秋葉原1店」というゴルフスクールが候補に挙がり、ひとまず体験スクールに行ってみることにした。

ジェクサー・ゴルフカレッジとは

ジェクサー・フィットネスクラブを展開している「株式会社ジェイアール東日本スポーツ」が提供するゴルフスクールだ。(ジェイアール東日本が、グループ会社でスポーツジムを経営しているのは初めて知った)

ホームページを見てみると、いわゆるフィットネスジムの他に、フットサルスクール、テニススクール等も展開しており、その中の一つに今回体験する「ゴルフカレッジ」がある。

僕が体験した「アトレ秋葉原1店」には、THEONスクリーンゴルフという最新のゴルフシュミレータが導入されていて、スクリーンにボールを打つことで実際にホールをラウンドしているような画面が投影される。
このTHEONスクリーンゴルフは、ビギナーだけでなく上級者でも使えるシミュレータらしいので、変なクセが付くこともなくしっかりと基礎練習をすることができそうだ。

THEONスクリーンゴルフ

体験コースの流れと感想

体験料金の支払いと説明

まず始めに、レジで体験料金の支払いをする。
体験コースは、1回分(50分)のレッスンを他の生徒と一緒になって体験するのだが、一人あたり1,080円という料金となっている。
ランチ一回分と考えれば、気軽に体験を申し込みできる価格だ。

その後、レンタルシューズやグローブ、ロッカーの場所等の説明を受ける。
今回、グローブは自分のグローブを持参しているので、クラブとシューズのみレンタルで借りることにした。

レッスン開始

レッスンは、最大で6名となっている。体験レッスンも、通常レッスンの空きで行われるため、他の生徒と一緒になって始まる。

まず始めに、ストレッチからスタート。
先生が生徒の前に立ち、屈伸などの準備運動から始まって、ゴルフクラブを使ったストレッチを行う。
僕自身は、ランニングをするため普通の人よりもストレッチをしている自覚があったのだが、ゴルフクラブを使った肩甲骨付近のストレッチは、かなり効いた。(出来る限り自宅でも続けたい)
数分かけて全身のストレッチが終わる頃には、身体全体が温かくなっており、長袖を脱いでTシャツでスタート。
今回は、僕と妻の2人の初心者で参加したのだが、初心者ということもあり、最初から2人に対してコーチが始まる。

7番アイアンを使って、グリップの握り方から始まり、アドレスまで丁寧に解説してくれた。まずは軽くクラブを振って、足元のボールをスクリーンに向かって打つことから始める。
時計で例えると、6時に構えて、7時から5時の振りでボールを打つ。これをひたすら繰り返す。
全く初心者の僕は、グリップを維持するだけで腕が痛くなるし、気を抜くとグリップの握り方も崩れてしまう。さすがに先生もすぐに見抜いて、すぐに指摘してくれる。

先生は、他の生徒も見なくてはいけないので、僕たち夫婦の後ろに続いている4名にも順番に回っていく。
僕の後ろの生徒たちは、ドライバーをガンガン打って気持ち良さそうだったが、先生は色々と指摘をしていき、生徒の打ち方を修正していく。指摘を受けた生徒も「そこがなかなか直らないんですよねー」なんて言っており、的確な指摘だったと思えるが、素人の僕から見ると何が悪いのかさっぱり分からない。「早くその域に達したいな」と思いながら、ひたすら7番アイアンの小振りを繰り返す。

先生は、最後の生徒まで見ると、また先頭の僕たちのところまで戻ってくる。
先生が一周している間に、やっぱり僕のグリップの握り方は崩れていたようで、色々と指摘される。ところが、「なかなか良いですね、少しだけ振りを大きくしてみましょう」と、褒めながら早速次のステップへ。振りを9時から3時まで大きくする。
力を抜いてボールにクラブを当てると、飛距離80ヤード!今までは30ヤードくらいだったのに、腕を大きく振っただけで一気に飛距離が出て楽しくなる。もっと飛ばしてみたい、という欲求が当然のように出てきて、思いっきりクラブを振ってみると、たちまち当たらない。当たっても変な方向でボールが飛んでいく。
これは、腕や手先でボールを飛ばそうとしてしまうという、初心者が必ず陥る症状だそうだ。そして、初心者の僕は、まんまと腕や手先に力が入ってしまう。
最初の感覚を思い出すためスイングを小振りに戻し、また少しずつ振りを大きくしていく。先生から何度か指摘を受けながら、9時から3時のスイングで何となくボールが真っ直ぐ前に飛ぶようになってきたかな、と思った頃に「レッスン終了」の合図が。

全然、時間が足りない!

大学教授が考えた1年で90を切れるゴルフ上達法!   角川SSC新書

まとめ

ゴルフレッスンはとても楽しかったし、体験して良かった。
先生も言っていたが、独学だけだとどうしても変なクセがついてしまって、きれいなスイングができなくなってしまうし、スコアが伸びるまでに時間がかかってしまうらしい。
実際に、僕が思っていたクラブの握り方とは全然違ったので、レッスンに通わずにいきなり一人で打ちっぱなしに行っていたら、ボールに当てることもできずにゴルフを諦めていたかもしれない。

何はともあれ、ひとまずこのジェクサー・ゴルフカレッジに通ってスイングの基本を身に付けようと思う。(レッスン終了後には、入会の仮申し込みをしていた)

レッスン代は月4回で14,040円。
1回あたり3,500円程度だと思えば、そこまで高い買い物ではないと思う。当面の間、少し節約してゴルフレッスン代を捻出していこう。
さらに、ジェクサー・ゴルフカレッジでは1ヶ月に1度、コースを使った練習も実施している。午前中にアプローチやバンカー練習をして午後から9ホール回る練習や、18ホールラウンドする練習等もあり、少し慣れてきたらコース練習にもチャレンジしてみたい。

そして、何とか4ヵ月後の春にはコースデビューしたいと密かに目論んでいる。

後記

体験ゴルフレッスンが終わった当日、スイングを忘れてしまいそうな不安と、もっとボールを打ちたい欲求を抑えられずに、自分のクラブを持って打ちっぱなしに行った。
一気にゴルフにハマってしまいそうだ。