Overwrite Save

趣味も仕事も、本気で楽しむオトコのブログ

【知らずに買うと恥ずかしい】ニューバランススニーカーの型番と特徴

ニューバランス ジョブス

スニーカーを愛して止まない人がいる。
コーディネートは、スニーカーを基準にして考える。街を歩く人のスニーカーをウォッチする。気が付けば、シューズクロークがスニーカーで溢れている。
僕もそんなスニーカージャンキーの一人だ。

一言でスニーカーと言っても数多くのスニーカーがあるが、基本にして機能も優れておりデザインも秀逸なスニーカーと言えば「ニューバランス」を挙げる人が多い。

今日は、ニューバランスのスニーカーの型番について紹介していく。

New Balanceは、1906年にアメリカのボストンでアーチサポートインソールや偏平足などを治す矯正靴の製造メーカーとして誕生。
「履いた人に”新しいバランス”感覚をもたらす」というコンセプトに基づいたブランド名の通り、足の解剖学的な知識、整形外科や運動生理学への深い理解など、長年の間に培ったノウハウをもとに、1960年代にはカスタムメイドのランニングシューズの製造を開始。1970年代の後半には「インステップレーシング」なる独創的なシューズコンセプトを確立。それを具現化したシューズを発表するや、ランナーから絶大な支持を獲得。以降、伝統を継承しながらも、最新のテクノロジーを集結し、よりよいフィット性を追求するシューズづくりを行っている。

500番

ニューバランスのスニーカーの中でもアイコン的なモデル。1万円台のものは中国製であることが多いが、メイドインUSA、メイドインUKモデルのものは2万円を超える。
デザインやカラーの種類も豊富。丸みのあるシルエットが特徴。
元々は、オフロードでの使用を想定されて作られているモデル。

[ニューバランス] スニーカー  NB ML574 VGGRAY(VG) 27.0 D

900番

「990」から始まった型番。500番台よりも先にリリースされている。この製品は、殆どがメイドインUSA、メイドインUKとなっており、価格も2万円台と高め。900番台はグレーがメインカラーとなっている。
500番と違い、舗装路での使用を想定されている。アッパー、ソール共にシンプルなデザインが多い。
スティーブ・ジョブスが「M990」を使用していたことから、大ブームを呼んだ。
最近でも「M990」の復刻版が登場し、一瞬で売り切れて入手困難になる人気ぶりだ。
ニューバランスを買おうと思っている人は、M990を買えば間違いない。

[ニューバランス] スニーカー MRL996  AGグレー 27.0 D
[ニューバランス]New Balance Classics メンズ M990 スニーカー BLACK SUEDE ブラック US12(30.0cm) [並行輸入品]

1000番

1300番から始まったフラッグシップモデル。リリースされる時代の技術をとことんつぎ込んだシリーズ。
その歩き心地の良さから、あのラルフ・ローレンが「雲の上を歩いているようだ」と絶賛した。(ラルフ・ローレンの愛用は「M1300」)
スニーカー界のロールスロイスとまで言われている。
3万円を超えるものもあり高額ではあるが、ニューバランス好きを語る以上、一足は持っておきたい。

[ニューバランス] NEW BALANCE M1300CL GREY 【MADE IN U.S.A】 [並行輸入品]
[ニューバランス] スニーカー M1400(NAVY/26cm)

2000番

「新次元への挑戦」をテーマに、新技術が投入されている2000番台。
近未来的で豪華な雰囲気を醸し出しているのが特徴。1000番に続くフラッグシップモデルであり、隠れファンも多い。

(ニューバランス) New Balance 2040 V3 メンズ ランニングシューズ [並行輸入品]